京都北山特許法律事務所
知財部門

知財部門

弁理士紹介

西村竜平
西村竜平

(代表弁理士)
足立 健
齊藤真大
上村喜永
上村喜永

中村惇志

特許出願、実用新案登録出願

お客様からのご依頼・ご相談をいただきましたら、できる限り担当弁理士がお伺いいたします。図面や発明品などを拝見し、アイデアの本質を見落とすことなく、きめ細かな打ち合わせをさせていただきます。コストパフォーマンスやビジネス展開を考えた、お客様の立場に立った的確なアドバイスで、必ずやご納得いただけるお仕事をさせていただきます。

特許出願、実用新案登録出願

技術的な観点から発明の本質を抽出しながらも、ビジネスに密着した観点から、その発明をどのような形で出願すればよいか、お客様と一緒になって考え、ご納得される内容で出願致します。
ほとんど全ての分野での出願が可能です。担当弁理士が強力にサポート致します。

出願可能分野
電気・電子機器、機械・メカトロ、ビジネスモデル、半導体デバイス、光関係、バイオ etc.

意匠登録出願

アイデアは発明だけではありません。デザインを意匠権として保護することもできます。意匠権はともすれば狭い権利範囲になりがちなのですが、幅広く、戦略的に権利を取得するためのアドバイスも致します。

商標登録出願

営業努力によって培われてきた信頼の印である商標は、放っておくと、真似されるだけでなく、粗悪品が出回ることなどにより信用が落ちてしまいます。商標は知的財産のうちで特許と並んで重要視される権利です。私達はこの商標を守るために出願を通じてそのお手伝いを致します。

出願後の中間処理や、審判、裁判(審決取消訴訟)など

折角の出願も、途中の処理を誤ると台無しになってしまいます。単に権利化を考えるのではなく、できるだけ広い意味のある権利をとるための方策について、的確なアドバイスを致します。

権利侵害訴訟

知財専門弁護士と提携して侵害から権利を守ります。特に真似をすることが頻繁に行われている分野では、毅然とした態度で訴訟を行うのも必要です。私達は特許権、実用新案権、意匠権、商標権等に基づく侵害訴訟の代理・補佐を行います。

知的財産コンサルタント(知財戦略立案、ライセンス契約など)

研究開発、事業戦略と知的財産戦略は、密接な関係があります。単に出願のサポートに留まらず、開発・事業戦略を視野に入れた、企業やベンチャー企業等の知的財産戦略の立案のサポートをいたします。また、技術ライセンス契約、共同研究契約などについても、豊富な経験を活かして強力にバックアップします。

調査

出願前のみならず、開発前や訴訟時には、類似アイデアの調査が必要です。私達はその調査を行うだけでなく、結果に応じて最適なアドバイスを致します。

その他

各種出願、不正競争防止法、著作権法等に関する相談、また鑑定や判定請求の相談など随時受け付けております。
また、顧問契約により、定期的なアドバイスや社内教育のサポートもさせていただいております。

 

(c)Copyright 2011. Kyoto Kitayama Intellectual Property Firm. All Rights Reserved.