所員の声

  • Interview 01
  • Interview 02
  • Interview 03
Interview01

仕事内容はもちろん、
日々の勉強やアフターファイブまで
充実した毎日です

弁理士 / 2022年1月入社

転職で北山を選んだ理由

京都北山特許法律事務所に入所する前は、民間企業で設備のメンテナンスや運転管理などの仕事をしていました。
知財部門には所属していませんでしたが、業務上の必要があって知財の勉強を始めました。
勉強を進めていくうちに知財への興味が増していったので、弁理士試験に挑戦しようと考え、合格することができました。

そして、弁理士として幅広い経験を積みたいと思い、実務経験はないものの特許事務所に転職することにしました。
いろいろな特許事務所の話を伺うにつれて、京都北山特許法律事務所では、特許を中心に意匠及び商標も含めて様々な実務経験を積むことができると考え、幸いにも内定をいただくことができたので入所しました。

北山で働いてみての率直な感想

様々な実務経験を積みたいと考えて入所しましたが、思った以上に様々な実務経験を積むことができ、とても充実した毎日を送ることができています。
特に次の3つの点が北山の特に秀でている点であると考えています。

1.未経験でも丁寧に指導してくれる。

特許に関する仕事は専門性が高く、特に未経験の場合は、適切な指導を受けることが何よりも重要であると言われています。弊所では、経験豊富な所長及び副所長が直接指導しますので、未経験でも着実に力をつけることができます。

2.様々な案件を経験することができる。

弊所では、機械・電気を中心に化学・バイオまで様々な技術分野に触れることができます。そして、技術分野ごとに縦割りで担当を決めていないので、様々な技術分野の案件を担当することができます。

3.出願、中間対応及び訴訟のそれぞれの仕事を経験することができる。

特許に関する仕事は、大きく分けて、特許出願のための書類を作成する仕事と、出願した後に特許庁とやり取りをする中間対応の仕事と、訴訟や無効審判といった出願とは異なる仕事とに分かれます。弊所ではこれら3つ全てを経験することができます。

北山で今励んでいること

1.資格取得後の勉強

弁理士資格を取得したからと言って、そこで勉強が終わりではなく、自主的に技術知識や法律知識の勉強を継続しています。具体的には、技術系の資格取得に向けて勉強したり、判例や審決を読み込んだりしています。

2.アフターファイブ

週1回、事務所の有志と共に二条城までランニングをしています。中には、トレイルランニングやフルマラソンに向けてランニングをしている方もおり、私もいつかフルマラソンに挑戦したいと思っています。

1日のスケジュール

7:00 起床
8:00 出発
9:00 業務開始
メールチェックをした後、午前中はクレームドラフティングをしたり、中間対応の検討をしたりしています。
12:00 お昼休憩(1時間)
基本的にはお弁当を買ってきて、所内で食べています。事務所が烏丸駅の近くで多くの飲食店があるので、たまには外で食べて気分転換しています。
13:00 業務再開
クライアント様と出願に向けた打ち合わせや、中間対応の打ち合わせをしています。また、明細書や中間対応の案文を作成しています。
17:30 業務終了
週1度、仕事後に事務所の有志で二条城までランニングをしています。デスクワークなので、ランニングをすることによって、運動不足になることを防いでいます。
18:30 ランニング終了
19:30 帰宅
23:00 就寝
Interview02

人を想う気持ちが深い、
そんな人たちが集まる事務所です

外国事務 / 2018年入社

入所のきっかけ ~働く人を想う気持ちと一枚の写真~

自分の今後の人生を考えたとき、長く働ける仕事に就きたいと考え、事務の仕事を探していました。
そんな時見つけた求人の「特許」というキーワードに目が留まり、全く関りのなかった業界に興味が湧きました。
調べ進めていく中で事務所のホームページで見つけた小さな一枚の写真、
それは所員とそのご家族でバーベキューを楽しむ様子の写真で、あたたかい笑顔の写真でした。
それを見た時、知らない業界への不安よりも、ここで働く人への安心感にここで働いてみたいという気持ちが強くなっていき、応募を決めました。
後日面接をしていただけることになったのですが、採用担当者から「面接当日は天気が荒れる予報なので日程をずらしましょう」という連絡をいただいた時は本当に驚きました。一緒に働く人を想う気持ちが深い、そんな人達が集まる事務所なんだなぁと感動し、やっぱりここで働きたい、と意気込んだのを覚えています。

実際に働いてみて ~「線」でのサポート~

特許については、何も知らずに入所した私でしたが、配属先の先輩方の指導はとても優しく、丁寧でした。業務のやり方だけでなく、特許とはどういうものか、どういう流れで動くのか、「点」ではなく「線」で説明してくださいました。
そのおかげで、今自分が必要とされている仕事の前後にはどんな仕事があるのかを意識でき、納得して作業出来たので、より興味を持って仕事に取り組めました。また半期に一度の個人面談では所長の考えや、フィードバッグをいただけるので、日々の仕事のモチベーション向上につながっています。

仕事とプライベート ~仕事と生活の両立~

仕事をしながらの家事育児は想像以上に大変、というのが正直な感想です。
ですが、家族や保育園、事務所の皆さんの支えとご理解によって両立できていると本当に感謝しています。
そして、事務所に働くお母さんが多くいることはとても心強いです。
私は働くことで、気持ちに余裕を持つことができ、必要としてもらえる喜びを感じ、生活にメリハリが出るので、働くことを決断して本当に良かったと思っています。パート勤務でも出産、お休みを経て、仕事復帰させてくださったことは、感謝してもしきれません。

これから ~日々アップデート~

パートタイマーから社員として改めて採用していただき、携わる業務内容の幅もグッと広くなりました。
お客様や外国の代理人とやり取りすることも増え、今まで以上に自分で考える場面も多く、日々自分の足りない部分を発見し、反省し、少しずつですがアップデートしている毎日がとても楽しく、充実しています。
いつか自分がしてもらったように、一緒に働く人を想い支えられる人材になっていきたいです。

1日のスケジュール

6:50 起床

朝食は特にルールは決めずその日その日で作れる方が作る
8:30 みんなで出発

娘の送迎は在宅勤務の主人任せ、自分一人の自転車通勤は貴重なリラックスタイム
9:00 出勤

Todoを確認し、期限や優先度を見ながらその日のスケジュールを立てる
-メールチェック
-クライアントへの報告等
-期限管理
-請求書の発行 など
13:00 ランチ(1時間)

基本的にはお弁当持参で、お昼の時間が被ればデスクが近くの同僚と他愛もない話をしながら。月に2回ほど外食することも。事務所周辺にもたくさんお店があり、毎月の楽しみのひとつです。
17:30 退勤

好きな音楽を聴きながら、晩御飯は何から作り始めようかなど、考えごとをしながら帰宅
18:15~19:30 家族で晩御飯、お風呂、洗濯

運動する日以外は主人と晩酌しながら、今日あった出来事などを話して、家族団らん
19:45 週1の運動

通勤ぐらいでしか体を動かす機会がないので、近所のカルチャーセンターで運動
23:30 就寝
Interview03

英文に接したり、いろいろな国の法制度に
触れることができることが魅力です

外国事務 / 2019年入社

この仕事の魅力

特許事務所の事務とは一体どのような仕事なのか、というのは全くイメージができないと思います。実際僕もそうでした。
特許出願というのは大きく分けて、国内での出願と外国への出願とがあり、現在僕は外国への出願に関する事務に従事していますが、この仕事の魅力は次のようなものがあると感じています。

この仕事の魅力の1つ目は、英文に接する機会の多さです。
外国へ特許出願するという場合、実際の出願手続きはその国の現地特許事務所が行うので、国内の特許事務所はクライアントと現地事務所との間に立ってやりとりを行うことになります。
その際、現地事務所とのやりとりは基本的に英語で行われるので、英文を目にする機会、そして自分で英文を書く機会が非常に多い仕事だと思います。

もう一つの魅力としては、限定的な分野ではありますが、いろいろな国の法制度に触れることができるという点です。
特許出願はいろいろな国へ行われますが、国により出願時に必要となる書類や登録になるまでに必要な手続き等において多少の差異があります。
そのため、今まで出願したことがない国へ出願する場合には、現地事務所に問い合わせたりあるいは自分で調べたりすることにより、情報を収集する必要があります。
事務職というと単調で機械的というイメージがあるかもしれませんが、この仕事ではわからないことに遭遇する機会が多くあまり退屈にはなりません。

この仕事の辛いところ

この仕事の辛いところは、精神的な部分です。
クライアントの発明を特許にするためには、所定の期限内に様々な手続きを行う必要があるのですが、その期限を徒過しないよう管理するのは事務の仕事です。
当然このような管理は個人ではなく事務所全体で管理するのですが、期限内に手続きを行わないとクライアントの権利が消滅してしまうこともあるため、人によってはこのような業務を毎日続けることにプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

1日のスケジュール

8:50 起床
9:30 事務所到着

フレックスタイム制なので始業を早くすれば退社時間も早められます。
午前中はメールチェックをし、クライアントや外国の代理人からのメールを処理していきます。
13:00 昼食
14:00 業務再開

クライアントへの特許庁通知の報告、出願手続き、見積もりの作成、現地事務所への問合せ等いろいろ。
17:30 業務終了

繁忙の差が結構ありますが、遅くても19時頃には終業しています。
18:00 ランニング

デスクワークなので何もしていないと運動不足になります。
一人では継続できないので、事務所の有志と一緒に走っています。
25:00 就寝
  • Interview 01
  • Interview 02
  • Interview 03

Join Us!!

ENTRY!!

ENTRY!!