京都北山特許法律事務所
代表弁理士からのメッセージ

メッセージ

ご挨拶

発明や商標、デザインなどに代表される知的財産は、”もの”とは違って目には見えません。例えば、ゴッホの絵は、絵そのものが知的財産なのではなく、絵の中に内包されているゴッホの思想や感情こそが知的財産なのです。
古来、人間は土地や金銭などの目に見える”もの”を囲い込み所有してきました。しかし、近時では、この目に見えない知的財産を囲い込もうとする動きが世界中で活発になってきています。今やビジネスにおいて知的財産を避けて通ることはできません。
私たちは、この知的財産を取り扱うプロフェッショナル集団として京都の北山でスタートしました。以来、国内の案件はもちろんのこと、各国の弁護士や弁理士と協力し、経験を積むことによって、今では世界のほとんどの国での知財案件を処理することができます。さらに2012年には拾井央雄弁護士と合同することによって法務部門も確立され、従来の知財部門との両輪で皆様のお役に立てると確信しております。
是非私たちにご相談ください。 私たちはクライアントの皆様とともに知的財産を通じて社会に貢献したいと心から思っています。

京都北山特許法律事務所
代表弁理士 西村竜平

 
 

(c)Copyright 2011. Kyoto Kitayama Intellectual Property Firm. All Rights Reserved.